保護者懇談会とは?
講演や個人懇談を通して、皆様に近畿大学のサポート体制や様々な取り組みをお伝えするイベントです。
保護者懇談会2016のご報告
講演や個人懇談を通して、皆様に近畿大学のサポート体制や様々な取り組みをお伝えするイベントです。

昨年の保護者懇談会では、キャリアセンター職員による講演や、学部教職員・キャリアセンター職員・学生部職員との個人懇談を実施しました。
ご参加いただいた皆様からは、学生の皆様のキャンパスライフや学修状況、就職活動の状況などを大学教職員との懇談を通じて理解を深めることができたと、好評をいただきました。また、保護者同士の繋がりやコミュニティが生まれる場としても、保護者の皆様からはご支持をいただいております。
参加人数
1,784人
満足度調査
参加理由
有効回答数1,476 ※複数回答可能
●就職について知りたかった……………562人
●大学の取り組みについて………………360人
●学生生活全般について…………………265人
●成績について知りたかった……………249人
●その他……………………………………40人
保護者懇談会2016参加者の声
昨年実施の近大フェア2016の各会場にご参加いただきました、保護者の方々からは、実際に近大フェアに参加して、見えないところや不安要素を分かり易くご説明していただき、本当に良かったというたくさんのご意見を頂戴いたしました。
大 阪
本日は個別懇談で丁寧に色々教えて頂き、ありがとうございました。大学の様子を十分理解する事ができ、大変良い機会となりました。参加させてもらい良かったです。今後ともよろしくお願いします。
大 阪
今回は私一人の参加でしたが、是非来年は夫婦で来たいと思います。大学に入ったばかりで不安な事も多かったですが、色々わかった事安心した事もあり、有意義な一日でした。ありがとうございました。
大 阪
大学生になって子供の心配をするのもどうかとは思いますが、やはり学校での生活や就職等気になる事はたくさんあります。今回の様な親の参加できるフェアがあって有難く思います。今後ともよろしくお願いいたします。
大 阪
普段、毎日程通っている息子の学校を間近に見れて、本当に良かった。安心しました。近くの方で同じ学部に通われている保護者の方とお話ができて良かったです。
東 京
個人面談して頂き、ありがとうございました。どうぞ今後ともよろしくお願いします。保護者とも連絡をとりやすい環境をつくって頂けている事に感謝申し上げます。
金 沢
一緒に住んでいないので学校生活はどうなのか時々心配になる事があります。保護者用ポータルサイトは確かに学生としての授業の取り組みがわかりとてもありがたく思っています。益々の充実が図られるよう期待しております。
名古屋
子供から大学や学生生活について聞く事は少ない為、参加しました。授業や部活、就職面、多方面にわたって支援してもらえる事に安心しました。子供が積極的に大学の設備を利用したり、参加・相談してほしいと思います。
岡 山
大学側の方々が色々と気を遣って頂いてフェアを開いて下さって親としては安心感があります。ありがとうございます。相談コーナーは次回も利用させて頂こうと思います。
広 島
近大フェアに初めて参加させて頂きました。色々お話を聞かせて頂き、改めて近大って素晴らしい!と感じました。就活に向けて近大生として誇りをもって頑張ってほしいと思います。ありがとうございました。
高 松
この様な機会があったので、離れていても大学を身近に感じる事ができました。毎年楽しみにしていました。息子が4年なので今年で最終です。今までありがとうございました。今後の発展お祈りしています。
福 岡
東大阪キャンパスにはなかなか行けないので、地方でもこのようなフェアをして頂けるのは、大学を身近に感じられてとてもいいと思います。また参加したいです。
よくあるQ&A
近大フェアについて、よくご質問される内容です。 その他のご質問は、こちらよりお問い合せください。
どんな相談をすればいいの?
お子様の成績や学生生活、奨学金や就職についてなどご相談いただけます。
子供も一緒に行っていいの?
はい、構いません。在学生だけでなく、受験生の弟さんや妹さんもご一緒に来場するケースもございます。
事前に準備しなければいけないものはあるの?
特に事前に準備いただく必要はございませんが、事前申し込み制となっておりますので、締切日までにお申し込みをお願いいたします。
どの会場に参加してもいいの?
はい、構いません。ご都合の良い会場にご参加ください。 ※大阪会場のみ、対象の学部がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
近大フェアってどんなイベントなの?
講演や個人懇談を通して、皆様に近畿大学のサポート体制や様々な取り組みをお伝えするイベントです。
講演だけ聞きに行ってもいいの?
はい、構いません。ただ、せっかくの機会ですので、ぜひ個人懇談にもお申し込みをいただければ幸いです。